<今日の様子>
今日は朝早くは雨も降っていませんでしたが、時間経つごと激しくなり、大屋の雨量は下のグラフのようになり、養父市には、大雨洪水警報が出ました。

時刻 降水量
mm
1 0.0
2 0.0
3 0.0
4 0.0
5 0.0
6 0.0
7 4.0
8 9.0
9 12.0
10 13.5
11 11.5
12 2.0
13 5.0
14 6.0
15 15.0
16 16.0
17 23.0

17時1分には土砂災害警戒情報が発表されました。大雨警報は昼前に出たので、学校は昼から休校になりました。明延、などがよく降っているらしく、被害がでなければいいですが。今夜が心配です。今日残念なことに、インターネットでいつも大屋の水位がでるんですが、今日は機械が故障しているので解りません。見る限り、水位はかなり上がっています。大屋から広谷までの県道ですが、浅野旧小学校前の県道、など県道の横を流れているわき水などで、通りにくいところが数カ所あります。この雨日曜日まで続くようなので注意が必要です。

梅雨真っ只中。蒸し暑いのと、今年は高温で、いやな梅雨シーズンになっています。ボーナスが出若い人がたくさん住む都会では、景気もよくなるんでしょうが、大屋みたい若い人が住んでいないところでは、影響って少ないです。
先日海辺の方と話していて知ったんですが、今年もずくの入荷が少ないですね。日本海のもずく私は大好きです。一般に出回っているもずくはほとんどが沖縄産。太くてのどごしが悪いんです。日本海のもずくは細くってとてものどごしがいいです。で聞いて初めて知ったんですが、岩にもが出来ないから、もずくが少ない。理由がわからないんですが、海もどっか変なんです。と言う事でした。
今年になり、よく知っている百貨店が2軒も閉店になったり、老舗も営業をやめたりされているので、、本当に景気っていいのかななんて思ったりしています。小さい頃、姫路に行ったら、連れて行ってもらったヤマトヤシキがやめられたり、また名古屋の丸栄が先月でやめられたり、丸栄は買い物した思い出はありませんが、友達がバイトしていた関係で忙しいときや手が足りないとき、バイトしないと誘われるものですから、他のバイトがないときに夜だけ行っていました。知っている店がなくなるとやはり寂しいですね。昭和がどんどん遠くなっているという感じがします。
来週も天気が悪いようです。今年の七夕見られそうにありませんね。

(7月 5日掲載)






















杉ヶ沢高原

標高850㍍にある杉ヶ沢高原ですが、ここには美味しい夏大根がとれます。養父市では有名な高原野菜で、今が旬です。6月の終わり、もう入荷してくるのではないかなと心待ちにして待っていると、豊岡青果市場に入荷していました。焚いても卸しても大変美味しい大根です。関宮の轟地区の方が作っておられ、轟大根として出荷されています。杉ヶ沢高原は大屋からも上がれますが、大屋からは山道なので、轟なら車で上れるので、重たい大根を運ぶとなるとやはり、轟からと言う事になります。
今地物野菜がたくさん出荷され、大変安くなっています。豊岡を中心に作られているトマトの中に「りんか」と言う種類の美味しいトマトがあります。このトマトは冬まで冷凍して、シチューなどに入れ利用するぐらい美味しいトマトですが、今もですが、暑い日によく熟れたトマトをジュースにして飲むと、ドリンクを飲むより、元気が出てきます。安い時にたくさん買ったおいておられるといいです。
そしてもうひとつ私も去年知ったんですが、今年も丹後の美味しい桃が入荷してきています。もも皮をむかず、産毛のような毛を流して、そのまま食べられると大変美味しいです。皮のすぐ下が大変甘いです。ぜひ試して下さい。新鮮な桃は堅いです。
また初夏の味、丹後の網野から、砂丘メロンの入荷も始まっています。


(7月 5日掲載)























オニヤンマ
散歩の途中道路にオニヤンマが止まっていました。今年初めて見ました。小学校の夏休みの宿題に昆虫採集の中には必ず入れていましたね。まだ夏休みの気分にはなれないと思いますが、もうすぐですね。夏休みはいいけれど、宿題のことを思うと気分が重かったですね。私達の頃は夏の友という問題集が宿題があり、それは早く出来るのでいいんですが、絵とか工作など得意でないので、苦労しました。
何年か前にみつけた私のライフワークの中に、祖先の資料集めがありますが、今年NHKの大河ドラマ「西郷どん」の中に奄美大島に流され、そこで島民達が苦労して砂糖が作られていたということや砂糖を巡って島民を苦しめる代官とのやりとりがドラマ化していましたが、昨年180通の祖先が書いた手紙が発見されたと新聞で掲載されていましたが、その中に薩摩藩邸に行った時、あわもりと一緒に砂糖が出された手紙に書かれていましたが、斉彬公のお母さんが、鳥取藩主池田家から行かれているということもあり、今度のドラマと祖先達が微妙につながっており、それの書類が整理されておらず、その書類を整理し、今まで集めた史料の中に入れました。毎年のようにいろいろと史料が見つかり、大変な史料が出来上がっています。将来子孫達のお手伝いが出来ればと思っています。
(7月 5日掲載)























氷ノ山


今週はこんな氷ノ山しか撮れませんでした。本当に晴れた日が少なく、梅雨のような天気が続いています。本当に暑いし、湿度も高く、夜も暑く、寝苦しい夜もあります。たまたま2日の夜も熱帯夜で、送風機をつけて寝ていたんですが、目が覚めたのが、3時ワールドカップのベルギー戦が始まったところでちょうどよかったです。でも負けましたが、あそこまで強くなったかということがよくわかりました。私がワールドカップを見たのが、1974年の西ドイツからでベッケンバウアー、ミュラ-などが活躍していた頃で、日本なんて出てくるなんて思いもよりませんでした。日本が出場したのは24年後の1998年フランス大会からでした。でもこの2週間お陰で楽しかったです。よく頑張りました。4年後カタールも頑張って下さい。
再来週はもう海の日になるんですね。月日が経つのが早すぎです。

(7月5日掲載)